サンダル最強説

履き脱ぎがし易いサンダル!サンダルのことを紹介中

サンダルの素材別の手入れ方法

ファッションとしてサンダルを日頃から素足で履いていますと、段々とに汚れや悪臭が出てきますので手入れは必要となります。
特に、夏場にサンダルを履いていますと、汗や皮脂による汚れが目立ち始め、そのまま放置しておきますと雑菌が大量に繁殖する原因となります。
そのようにならないために、手入れの方法は知っておいた方が良いです。
では、素材別に説明をしていきます。
まず、ポリウレタンの物の場合には比較的に汚れが落ちやすいので、洗剤などを付けたスポンジなどで擦ります。
次に、合皮の物は水をつけたりしない方が良いのでアルコール付きのティッシュなどで簡単に拭く程度で十分です。
そして、革の素材の物は水を完全に絞ったタオルで拭きます。
もし、この時に合皮と同様にアルコール付きのティッシュを使用した場合には表面にシミがてきてしまいます。
以上がサンダルの手入れ方法となりますが、基本的には通気性の良い場所で保管をしておく方が良いです。

来年もはけるサンダルの手入れの仕方

お気に入りのサンダルや高かったものは、ワンシーズンで終わらせるにはもったいないです。
来年もはこうと思うなら、片付ける前にしっかり手入れをすることが重要です。
どの素材でもまずは、汚れを落とす事から始まります。
大体は、水拭きで落とすことが出来るので、固く水を絞ったタオルで汚れや指の跡をふき取ります。
頑固な汚れは、専用のクリーナーを使えば簡単に落とすことが出来ます。
革素材は、ブラシで汚れを叩き落とし、クリームを塗り、タオルで磨きます。
布素材は水に濡らすと傷みやすいので乾いた布で拭き取ります。
市販の中敷きと交換すると汚れを持ち越すことがなく清潔を保つことが出来ます。
陰干しをしてサンダル内の湿気を取り除きカビが生えるのを防ぎます。
最後にもし家庭にあれば、内側に除菌スプレーと外側に防水スプレーをかけ、保管する際は形が崩れないように中に新聞紙を丸めて履かなくなったストッキングや靴下に入れ詰めたり、乾燥剤をいれるといいです。

Valuable information


横浜 英会話


最終更新日:2021/4/22

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
copyright(c) 2015 「サンダル最強説」 all rights reserved.